金やプラチナの指輪などのアレルギーについて

純金リングや、純プラチナリングがアレルギーになりにくいかと言う質問が多くあります。

以前ブログでも取り上げましたが追加して詳しく、お伝えします。金やプラチナでもアレルギー反応を起こすことはあります。しかし純金、純プラチナではほとんどありません。多くはメッキや18金や14金またはPt900などの合金にすることによる反応が原因です。他の金属から比べると格段にアレルギー反応は少ない結果が出ています。メッキは金やプラチナではしていないのではと思われていますが、輸入品のリングやネックレスは、大半がメッキを施されています。金に金のメッキをするのです。日本では不思議に思いますが、お国柄だと思います。日本でもプラチナのダイヤ入り商品はメッキをかけることが多くあります。またホワイトゴールドは、ほぼ全てメッキ掛けしています。

以前アレルギーの質問の応答がありますので参考にしてください。

【24金は純度99.9%の金なのですよね? 残りの0.01%は何が入っているのでしょう?実は、プラチナ900で金属アレルギーのようなものがでてしまい、残りのニッケルやパラジウムなどにアレルギーがあるのだと思い、プラチナ1000のリングを買い直したのですが、それをしていると、なんとなく痒いような感じで、肌にはまだ何か出たわけではないのですが、やはり金のほうがよかったのかな、と。】というご質問もいただいたのでご返答致しました。

●純度の件ですが、金、プラチナ等貴金属はパーセント%百分率ではなく千分率で表します。パーミルと言い表記は‰で表します。百分率よりさらに細かく表示します。純金は999.9‰で不純物は理論上なく空気又はホコリ等大気中のゴミ等があり完全は無いと考えられています。一般には千分率は普及していないので百分率で簡単に表していますが、正式には99.9%は貴金属では間違いです。百分率では何か違う物質が入ってしまうように感じますね。
アレルギーに対してのご質問ですが、私もこの件に関しては特に重要視しており、大学やジュエリー協会と協議研究をしてまいりました。結果ジュエリーに関してはほぼニッケルとコバルトが原因でした。又K18やPt900などの合金は銀、銅、パラジュウムなどで割るためそれぞれ地金がアレルギー反応を起こすことがあると考えられています。品位が低ければ低いほどアレルギーの確率が多くなります。一概に言えませんが純粋の金、プラチナは限りなくアレルギー反応が少ないとされています。但し接触皮膚炎アレルギーを金属アレルギーと混同している場合が多いようです。Pt1000でも石が付いている商品などはメッキをかけているものが多く、メッキが反応している場合が多くあります。 結論から言うとPt900では割がねが問題で反応し、Pt1000ではひょっとすると石が付いているものかもしれずメッキが施されているかもしれません。ダイヤの指輪などほぼメッキ処理されています。金やプラチナはアレルギー反応はほとんど例がありませんが稀にありゼロではありません。

◆お忙しいところ、わかりやすく説明していただき本当にありがとうございます。 裏側に穴は開いていないのですが、確かに小さいダイヤが5つついています。 メッキがされているのでしょうか? だとしたら純金でしたら大丈夫な可能性もありますね! しかし、昔に手荒れで皮膚科に行ったところ、接触性アレルギーとかなんとか言われたことがあった気がします。これだともう治りませんか? 色々質問ばかりで申し訳ないですがよろしくお願いいたします。 純金で大丈夫だといいなーと思います!

●当社はメッキをかけることはしませんが、ファションリング業界では慣例的にプラチナのダイヤの指輪にはメッキをかけることがおこなわれています。お持ちの指輪がそうなのかはわかりませんが。金でもプラチナでもメッキがかかっていなければ同じだと思います。接触性アレルギーでも皮膚との接地面が少なければアレルギーの可能性が少なくなります。要するに幅の細い指輪だと確率が低くなります。先程写真を拝見しましたがメッキ処理されているか調べるのは分析と言って大がかりになり費用も驚くほどかかります。またプラチナにメッキ処理するのはダイヤの立て爪などはほぼ全てしています。プラチナが白くなりダイヤがより光って見えるからです。