梵字一文字で守り本尊を表し良き方向へ導き様様な功徳あると言われています。その梵字リングをリングに手彫り彫金。ご自分の干支、次にご自分の目的とするもの、生き方、ご信心で探されるご利益のある梵字を主だった中から如来、菩薩、明王、天部の梵字をリングに刻みます。干支である十二支の梵字もございます。

干支の守護


子(ね)年 キリーク
千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)
千本の手がありその手の掌には目が付いています。手は多くの人々に救済の手を差し伸べ、目は人々を教え導く知をあらわすとされています。
ご利益
災難、延命、病気治癒などあらゆる現世利益にご利益があり、難産や夫婦円満、恋愛成就にも功徳があるとされています。また子年の守り本尊です。子年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるといわれています。


丑(うし)・寅(とら)年 タラーク
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
虚空蔵とは宇宙のような無限の知恵と慈悲が収まっている蔵(貯蔵庫)を意味し、人々の願えを叶えるために蔵から取り出して知恵や記憶力、知識を与えてくれるとされています。
ご利益
成績向上、記憶力増進、頭脳明晰、商売繁盛、技芸向上のご利益があります。また、丑・寅年の守り本尊です。丑・寅年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるといわれています。


卯(う)年 マン
文殊菩薩(もんじゅぼさつ)
「三人よれば文殊の知恵」という格言があるように、知恵の神様として学業向上や合格祈願に有名な菩薩です。
ご利益
智慧明瞭、学業成就のご利益があるとされています。また、卯年の守り本尊です。卯年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるといわれています。


辰(たつ)・巳(み)年 アン
普賢菩薩(ふげんぼさつ)
普賢とは「全てにわたって賢い者」という意味で、あらゆるところに現れ命ある者を救う行動力のある菩薩です。
ご利益
女性守護、修行者守護、息災延命、幸福を増やす増益のご利益があるとされています。また、辰・巳年の守り本尊です。


午(うま)年 サク
勢至菩薩(せいしぼさつ)
智慧の光ですべてのものを照らし、人々を迷いや苦しみから救うとされています。
ご利益
智慧明瞭、家内安全、除災招福のご利益があるとされています。午年の人々を守る守護本尊であり、午年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるともいわれています。


未(ひつじ)・申(さる)年 バン
大日如来(だいにちにょらい)
大日とは「大いなる日輪」という意味です。太陽を司る毘盧舎那如来がさらに進化した仏です。密教では大日如来は宇宙の真理を現し、宇宙そのものを指します。また、すべての命あるものは大日如来から生まれたとされ、釈迦如来も含めて他の仏は大日如来の化身と考えられています。
ご利益
現世安穏、所願成就。また、未・申年生まれ守り本尊です。


酉(とり)年 カーン
不動明王(ふどうみょうおう)
語源は「動かない守護者」を意味し、インド神話のシヴァ神の別名です。シヴァは暴風雨の威力を神格化したもので、破壊的な災害を起こす半面、雨によって植物を育てます。その破壊と恵みの相反する面は不動明王にも受け継がれているのです。不動明王は仏法の障害となるものに対しては怒りを持って屈服させますが、仏道に入った修行者には常に守護をして見守ります。
ご利益
除災招福、戦勝、悪魔退散、修行者守護、厄除災難、国家安泰、現世利益のご利益があるとされる。また、酉年生まれ守り本尊です。酉年に生まれた人々の開運、厄除け、祈願成就を助けるといわれています。


戌(いぬ)・亥(い)年 キリーク
阿弥陀如来(あみだにょらい)
無限の寿命を持つことから無量寿如来ともいいます。限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けるとされており、西方極楽浄土の教主です。四十八願(しじゅうはちがん)という誓いを立て、その中には「南無阿弥陀仏」と唱えたあらゆる人々を必ず極楽浄土へ導くとあり、広く民衆から信仰されました。ちなみに他力本願も四十八願の誓いから来ており、本来は阿弥陀様にすがって極楽に行こうという意味です。
ご利益
極楽往生、現世安穏のご利益があります。また、戌・亥年生まれ守り本尊です。

干支以外ご利益のある如来、菩薩、明王、天部。


ベイ 薬師如来(やくしにょらい)
病気を治して衣食住を満たすという「十二の大願」を立て、生きている間に願いを叶えてくれます。阿弥陀如来のように死んだ後にやすらぎを与えるのではなく、現世にやすらぎを与えてくれるのが特徴です。昔の作例はとくに病気平癒を願ったものが多数存在します。
ご利益
病気治癒(特に目病)、健康長寿、災難除去、安産祈願、現世利益。


ア 毘盧舎那如来(びるしゃなにょらい)
盧舎那仏(るしゃなぶつ)とも呼ばれます。毘盧舎那とは太陽の意味であり、宇宙の中心から太陽のように照らし続けます。
ご利益
現世安穏、所願成就などのご利益があるとされています。


サ 聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)
観音菩薩(かんのんぼさつ)とも呼ばれ、人々を常に観ていて救いの声(音)があれば瞬く間に救済する、という意味からこの名が付けられ日本でも多く信仰されました。六観音の一つに数えられ、地獄道に迷う人々を救うとされています。
ご利益
苦難除去、現世利益、病気平癒、厄除け、開運、極楽往生などとても幅広いご利益があるとされています。


キャ 十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのん菩薩)
苦しんでいる人をすぐに見つけるために頭の上に11の顔があり、全方向を見守っています。またそれぞれの顔は人々をなだめたり怒ったり、励ましてくれたりするといわれています。
ご利益
様々な災難、病気治癒、財福授与、勝利を得るなどの現世利益があり、延命、地獄に落ちない、極楽浄土に行けるなどのご利益があるとされています。

ウン 馬頭観音(ばとうかんのん)
ヒンドゥー教の最高神・ビシュヌが馬の頭に変化して敵を倒したとされる神話を起源とされています。他の観音様が女性的な美しい表情であることが多いですが、馬頭観音は怒りの憤怒の形相で表され、馬頭明王と呼ばれることもあります。怒りの激しさによって苦悩や諸悪を粉砕し、馬が草を食べるように煩悩を食べ尽くし災難を取り除くとされています。
ご利益
無病息災、動物救済、厄除け、旅行安全のご利益があるとされています。

カ 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
閻魔大王の化身であるともいわれ、この世で一度でも地蔵菩薩に手を合わせると身代わりとなって地獄の苦しみから救うとされ人々から信仰を集めました。また他の仏とは違い人道など六道を直に巡って救済を行うとされ、親しみを込めて「お地蔵さま」の名で呼ばれています。ちなみに六道とは、人道・天道・地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道からなる世界で成り立っています。
ご利益
無病息災、五穀豊穣、交通安全、水子祈願、安産、子授け、子供守護、先祖菩提、戦勝祈願など様々なご利益があるとされています。

マ 孔雀明王(くじゃくみょうおう)
語源は「偉大なる孔雀」の意味で、インドの国鳥でもある孔雀が神格化され仏教に取り入れられました。インドでは元々は女神でした。そのため、仏母大孔雀明王菩薩とも呼ばれ像容も女性的にあらわされます。
ご利益
雨乞い、息災延命、災難除去のご利益があるとされています。


ウン 愛染明王(あいぜんみょうおう)
仏教では愛欲は煩悩の1つであり、煩悩を捨てることが悟りを開く道であるとされていました。しかし密教では「煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)」という煩悩があるからこそ、人々から悟りを求める心が生まれると考えられています。その教えを象徴したのが愛染明王であり、愛欲・煩悩を悟りを求める心に導き、様々な悩みを救ってくれるとされています。
ご利益
良縁、結婚成就、夫婦円満、無病息災、延命、戦勝、染物屋・水商売守護のご利益があるとされています。


ウン 軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)
宝生如来の化身ともいわれ、甘露(かんろ)軍荼利明王または吉利吉利(きりきり)明王と呼ばれることもあります。阿修羅や夜叉などの外敵から人々を守り、様々な障害を取り除くとされています。
ご利益
煩悩除去、息災延命のご利益があるとされています。


ウン 烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)
人間界と仏の世界の間にある「火生三昧(かしょうざんまい)」という炎の世界に住み、人間の煩悩が仏の世界に拡がらないよう焼き払い浄化しています。そのため、不浄なものを一切焼き払い清める功徳があるとされ、便所や台所を清める神様として人々には信仰されてきました。これは便所が古くから怨霊の通り道と考えられており、怨霊を浄化するためです。今でも昔ながらの商家や寺院のトイレでは烏枢沙摩明王の御札が貼られていることがあります。
ご利益
不浄除け、金運上昇のご利益があるとされています。また母親の母胎にいる赤ちゃんを男の子にさせる力があるとされ、男児を求める戦国武将に広く信仰されました。


ウン 金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)
金剛とはダイヤモンドを指し、何ごとにも破壊されない仏の智慧をあらわします。不空成就如来の化身ともいわれ、過去・現在・未来の悪い欲を飲み尽くし、仏の智慧で心の汚れを取り除くと言われています。
ご利益
息災健康、怨敵退散のご利益があるとされています。


キリーク 大威徳明王(だいいとくみょうおう)
語源は「閻魔を倒す者」という意味です。降閻魔尊とも呼ばれ、戦勝祈願の対象として崇敬されてきました。阿弥陀如来あるいは文殊菩薩の化身といわれ、名前の通り威厳と仁徳がそなわり毒蛇や悪竜を打ち倒すとされています。
ご利益
戦勝祈願、煩悩除去のご利益があるとされています。


イ 帝釈天(たいしゃくてん)
もとは古代インド神話の英雄神・インドラです。天空を駆け抜け、「インドラの矢」と呼ばれる雷で凶暴な魔神達と戦いました。仏教に取り入れられると戦いの神という認識は薄くなり、慈悲深く柔和な性格に変わっています。梵天と並ぶ仏教の二大護法神となり、仏教世界の中央にそびえる須弥山(しゅみせん)の頂きから命あるもの全てを見守っているのです。大日如来を本仏とする密教では十二天の1人であり、千手観音の眷属である二十八部衆の1人でもあります。
ご利益
戦勝祈願、国家安泰の高徳があり、災難から守られ立身出世や蓄財が出来るとされています。


ボラ 梵天(ぼんてん)
古代インド、バラモン教において最高位の神、宇宙万物の創造神・ブラフマーが前身といわれています。宇宙を維持するヴィシュヌ神、宇宙を破壊するシヴァ神と共に3大神の1人です。仏教に取り入れられてからは仏法の守護神となり、護法善神の代表格として帝釈天と二神一対の像として祀られることが多いです。合わせて「梵釈」と称することもあります。釈迦が悟りを開いた時に、その内容を自分だけのものとせず万人に伝えるように勧めたのが梵天であるといわれています。ちなみに古代インドのサンスクリット語が「梵語」といわれるのは、この梵天が創ったものとされているためです。
ご利益
仏教守護、国土安穏、立身出世のご利益があるとされています。


ベイ 毘沙門天(びしゃもんてん)
インド神話での財宝神・クベーラが前身といわれています。独尊で祀られる場合は毘沙門天で、四天王の1尊として祀られる場合は多聞天と呼ばれます。七福神の1人です。毘沙門天は「すべてのことを一切聞きもらさない知恵者」という意味から多聞天と訳されました。四天王の中では最強の武神であり、夜叉と羅刹を従えて仏教世界の北方を守護しています。戦国武将で毘沙門天を守仏として崇拝している者は多く、上杉謙信は自分を毘沙門天の化身だと信じて信仰していました。
ご利益
戦勝祈願、鎮護国家の他に財宝福徳のご利益があるとされています。


ギャグ 歓喜天(かんぎてん)
もとは古代インドにおける仏道修行者を誘惑する魔物ガナパティまたはガネーシャのことで、魔性の集団であるビナーヤカの王とされています。仏道修行の邪魔をする神でしたが、仏教に取り入れられてからはあらゆる障害・困難を排除して仏法を護る神になりました。わが国では真言系の寺院に祀られ、多くは秘仏とされています。
ご利益
難病治癒、夫婦和合、子受けのご利益があるとされています。


ソ 弁財天(べんざいんてん)
インド神話では河川の女神・サラスヴァティーといわれ、水と豊穣の神として崇拝されています。ヒンドゥー教ではブラフマー(梵天)の妃とされています。河のせせらぎが奏でる音色から音楽の女神といわれ、そこから広く技芸・文芸などの才能をもたらす神となりました。そのため以前は「弁才天」と書かれていましたが、「才」が「財」変わり福徳財宝を授ける神としても信仰され七福神の1人としても祀られています。
ご利益
福徳・諸芸能上達、弁才、記憶力向上、財宝を与えるとされています。


ダ 荼枳尼天(だきにてん)
古代インドでのダーキニーという、人の死期を6ヶ月前から予知し人肉を食べる女夜叉が前身とされています。最初は豊穣を司る女神でしたが、性や愛欲を司る神となりそして夜叉へと変わっていきました。仏教に取り入れられてからは大日如来の説法を受けて善神となり、臨終を待って死者の心臓のみ食べることを許されました。日本では荼枳尼天が乗る霊孤を日本古来の神・稲荷神の使いの狐と結びつけ、稲荷神と同一視されるようになりました。そのことから開運出世、商売繁盛、福財をもたらす神様として人気を集め信仰が広まっていったといいます。また人の魂を食う代わりに欲望を叶えるといわれ、相手に災いが及ぶように祈祷する呪詛修法に利用されました。織田信長や徳川家康は天下統一のために荼枳尼天を信仰したされています。ちなみに、関東周辺に稲荷神社が多いのは、徳川家康が天下平定の恩に報いる為に江戸の周辺に多くの稲荷神社を寄進したためだといわれています。
ご利益
開運出世、商売繁盛、福財をもたらすといわれています。


シリー 吉祥天(きっしょうてん)
もとはインド神話の女神・美と豊穣と幸運を司るラクシュミーであり、密教では美女の代名詞といわれて信仰されていました。毘沙門天を夫に持ち5人の子供がいます。
ご利益
財宝金銭、五穀豊穣、商売繁盛、天下泰平、家内安全などのご利益があるとされています。

マ 大黒天(だいこくてん)
もとはヒンドゥー教の破壊神シヴァの化身で、破壊と戦闘を司る神マハーカーラが前身とされています。そのため、初期の大黒天は大日如来の命で荼枳尼天(だきにてん)を降伏させるなど戦闘色の強い神であり、大黒天に祈ると必ず戦いに勝つといわれました。日本では「だいこく」が日本神話の祭神・大国主命(おおくにぬしのみこと)と通じることから習合されるようになりました。五穀豊穣と財福の神として独自に発展し、七福神の1人に数えられるようになったといわれています。
ご利益
財福、福徳を与えるとされています。


ウン 鬼子母神(きしもじん)
訶梨帝母(からていも)ともいいます。もとは鬼神王・般闍迦(はんじゃか)の妻であり鬼女でした。500人の子供を持つ母でありながら、その子らを育てるために人間の子供をさらい食べていたのです。そのため釈迦はの末子を隠し、我が子を失う悲しさと命の大切さを説きました。改心した鬼子母神は全ての子供達と釈迦の教えをまもることを誓い、子育てや安産、子供をしゅ守護する善神となります。手にはザクロを持っている姿が多いですが、ザクロが人肉の味がするからだとよくいわれます。しかし、釈迦から今後人肉を食べたくなったらザクロを食べよと論されたことが本当の理由です。ザクロは実の中に多くの種を抱えることからめでたい果物として子供を多く産んだり豊饒(作物が良く実ること)の功徳があり、子孫繁栄のご利益があるとてもおめでたい果物です。
ご利益
盗難除け、子授け、安産子育てのご利益があるとされています。


マ 摩利支天(まりしてん)
古代インド神話の暁の女神・ウシャスが起源で、陽炎や日の光が神格化された神です。自在の神通力を持つとされています。そのため、姿は見えなくても常に身近で陽炎の如く人々を護る護身の神として人々から信仰を集めました。日本では昔から忍者や武士・力士らの必勝祈願の神としても信仰され、戦が始まると武士は摩利支天像をお守りとして携帯したとされています。
ご利益
護身除災、旅行安全、財福授与、武徳守護のご利益があると言われています。