指輪の厚みを考えていますか。オリジナル オーダー

指輪を選ぶとき厚みが気になることがあります。どのくらいの厚み(ボリューム)が良いのかわかりません。例えば甲丸型(断面が半円)ですと幅3mmで厚み約1.3mm位、幅3.5mmで厚み約1.5mm位、幅5mmで厚み約1.8mm~2mm位が目安です。

平打ち型(面が平ら)ですと各幅で一般的に薄いもので厚み約1mmです。0.7mm厚、0.8mm厚の商品もありますが、指輪が変形しやすいので厚み1mm以上あったほうが良いでしょう。少し厚くして程よい厚みが1.3mm厚位です。やや厚みをとりボリュームを付けるのには厚み約1.5mm位取るとよいでしょう。またボリューム感たっぷりの厚みには1.7mm~2mm厚になると存在感ある指輪になります。

平甲丸型(甲丸と平打ちの中間でなだらかな山のライン)真ん中の厚みが1.1mm~1.3mm位がスリムの一般的です。
厚みを持たせるボリュームタイプですと、厚み1.5mm~1.7mm位になります。幅の広いものなど2mm~2.5mm位持っていくものもあります。形状的にも存在感のあるボリュームが人気のある指輪です。厚みはどの形状でも2.5mm位の厚みが限度で3mm以上の厚みになると指が開いてしまい、指が合わさらなくなってしまいます。

以上のような厚みを参考に決めるとより指に馴染んだ指輪になります。

マリッジリングを作る場合、ペアを重視すると思います。重さを調整して幅、厚みを保ち、鍛造工程でリングを作りますので、女性のサイズと男性サイズが違っても、しっかりとした指輪完成となります。

 

Follow me!