純金 マリッジリング 鍛造(たんぞう)製法でつくります。

純金?軟らかすぎてアクセサリーには不向きでは?と質問受けます。
鍛造製法、わかりやすく説明すると刀を作る製法、純金を溶解し、ハンマーで叩きます。
何度も何度も火入れ、叩くを繰り返すと密度、硬度ある純金となり指輪に形成していきます。
密度、硬度ある純金リングの結婚指輪、マリッジリングを製作しています。
2mm、2.5mm、3mm、3.5mm、4mm、5mm、6mm、7mm、8mm・・・
ご希望の幅15mmまで製作経験あります。重さも幅、予算に合わせ製作しています。
バランスもあります。2mm幅は2.5g 2.5mm幅は3g 3.5mm幅は5g 4mm幅は6g・・・と計算されます。
マリッジリング、Pureな素材純金選びませんか。

   

オリジナル、オーダーリングお任せください。

同じ幅のリングはもちろんですが、幅を変え重さを調整して予算も合わせることが可能です。
例としてマリッジリング 3.5mm幅5gと3.5mm幅5gのリング2本の場合重さ10gになります。
女性を3mm幅にして重さも重視して4g、男性を4mm幅にして6gにすることも可能。(サイズ7号~20号の場合)
又、男性サイズが大きい場合、女性3mm幅4g男性3mm幅6gにすることも可能です。(サイズ8号と26号の場合)

どのような組み合わせもご希望通り鍛造で作りますのでお申し付けください。

  

  

その他にも純プラチナ(Pt999)、K18、K18ピンクゴールド(K18PG)、プラチナ900(Pt900)素材の取り扱いはもちろん、リング表面にダイヤを埋め込み、ヘアーライン、槌目(つちめ)デザイン、手彫り彫金も得意です。

 

 

 

Follow me!