ブログ
鍛造 純プラチナの結婚リング 大切な指輪だからピュアな素材

プラチナは白い光沢を持つ金属です。化学的に非常に安定であるため、装飾品に多く利用され、触媒としても自動車の排気ガスの浄化をなど多方面で使用されています。プラチナは酸化も硫化もせず、一般的には何物にも侵されません。酸に対し […]

続きを読む
ブログ
純プラチナも鍛造製法により硬度あるリングに。純プラチナとPt900の違いは何?!

以前は純プラチナをPt1000と表示していましたが、平成24年4月よりPt999と表示することとなりました。1000とか999とかふしぎな表示ですが。貴金属は100分率ではなく1000分率で表します。%(パーセント)では […]

続きを読む
バングル
鍛造バングル ご希望に合わせたバングルつくります。

純金、K18、純プラチナ、Pt900の素材を使った密度、硬度あるバングル製作致します。鍛造製法で作る為、密度あるしっかりとしたバングルに仕上がります。先日、素材はK18、幅3.5mm重さ240gあるバングル作成いたしまし […]

続きを読む
ブログ
パラジウムがついに1万円を超えました。 

palladium最高値更新中 パラジュウム(Pd)はなぜ高いのか1月16日の投稿の続きです。 ほぼ投機だけの価格暴投でロシア等の生産調整などの要因はありません。 今後パラジュウムの価格は需要と供給とはかけ離れ投機だけが […]

続きを読む
ブログ
Pt900リング
palladium最高値更新 パラジュウム(Pd)はなぜ高いのか

パラジウムが歴史始まって以来の高値を付けました。2020年一月1g=8,000円を超えました。 元来パラジュウムは90%以上が工業用に用いられ、(商品)銘柄の分類上、貴金属というカテゴリに入りますが、実態としては、銅やア […]

続きを読む
ブログ
純金、純プラチナに施す彫金は深みあるキラキラの輝き

純金リング、純プラチナリングの表面一周に彫金したリングはデザインによってはキラキラダイヤを散りばめたようなキラキラしたリングになります。 洋彫り、和彫りとある中、最近はハワイアンデザインも人気があります。日本伝統である鏨 […]

続きを読む
ブログ
純プラチナリング選びませんか。

お勧め純プラチナについてのご案内です。 ジュエリーに使われるプラチナは日本ではPt850、Pt900、Pt950、Pt999(純プラチナ)が認められています。特に純プラチナ(Pt999)は粘りがあり、柔らかく加工性が悪く […]

続きを読む
ブログ
あなたは結婚指輪を選ぶ時何を基準に選びますか?

昨今、純金の結婚リングの問い合わせが際立って多くなりました。ほとんどの宝石店には扱いがなく、柔らかすぎて使えないとか、間違えた情報を伝えています。現在の機械や器具に頼る製法では純金は扱いが極めて難しく、手に負えなくなりま […]

続きを読む
ブログ
指輪の厚みを考えていますか。オリジナル オーダー

先日あるお店で買った指輪がすぐ曲がってしまい直していただいてもまた曲がってしまいました。どうしてでしょうかと質問をいただきました。原因は二つあります。 指輪の厚みの重要性 一つは指輪の厚みが足りないことです。お店などによ […]

続きを読む
ブログ
結婚指輪を金にするか、プラチナにするか?

結婚指輪を選ぶとき、色々あり過ぎて迷ってしまいます。まず材質を金にするかプラチナにするかなかなか決まりません。 結婚指輪は9世紀のローマで始まったようです。13世紀になるとヨーロッパでは風習として使われていました。日本は […]

続きを読む