純金リングは永遠です

金の指輪は一生ものですとよく言われますが純金は永遠なのです。

今から4000年、5000年以上前のエジプトで発掘される黄金の埋蔵物をみてください。数千年の時を経てもまばゆいばかりの黄金の光を放っています。まさに純金は永遠なのです。

純金はやわらかすぎて指輪には不向きだと言われてきましたが、日本の究極の技術に刀を作る鍛造(たんぞう)製法があります。鉄を火に入れて叩いては締め、火に入れて叩いては締めを繰り返すことにより驚異的に切れ味の鋭い硬い日本刀が生まれました。この鍛造製法による純金を火入れして叩いては締め、火入れをして叩いては締めを繰り返し密度を高め純金を指輪として充分耐えられる硬度にしました。

純金リング

純金リング

純金リング

純金リングは酸化も硫化も変色も錆びることもありません。よく温泉に行くと金の指輪が変色してしまったという話がありますが、純金は硫黄温泉などに入っても変化することもありません。太古の時代から世界中が黄金に魅せられたのは不変で変化することもなく永遠だからです。純金リングは一生モノではなく永遠ものなのです。

純金で指輪を作る技術は難しく日本ではほとんど作れる職人がおりません。長い年月の修業を積んで一から純金を溶解して鍛造製法の火入れして叩いては締める工程を繰り返し何工程ものヤスリを使い分け形状を仕上げていきます。一個一個手作業で作り上げていくのです。こうして出来上がった純金リングはまさに黄金の輝きを放ち重厚な吸い込まれそうな黄金色に魅了されることでしょう。純金リングを指につけると比重がある為、見た目より重く重厚感ある付け心地が豊かな安らぎさえ感じさせます。また昔から純金リングは波動さえ整えるとも言われています。太古の時代より純金は富と永遠の命を授かるものとして身につけていました。まさに永遠のロマンをもたらす純金リング。

2mmから15mm位迄鍛造製法で製作しています。
しっかり、リングの厚みも計算して製作致しますので純金おまかせください。

純金印台リング

家紋印台リング

梵字印台リング

彫金リング