金はどうやってできたの? 何からできたの?

金がどうしてできたのか? 地球上にどうしてあるのか? 実は解明されていません。もっとも有力なのは星の爆発によって数十億年前に形成されたと考えられています。原子番号79の元素。元素記号は Au。第11族元素に属する金属元素。難しくなってきたのでわかりやすく簡潔にお話ししていきます。
鍛造純金リング

惑星は強大なパワーを持っています。そのなかで大きな原子の核を高熱で溶かして、融合してより大きな原子を作ります。二つの原子が組み合わさってより大きな原子となり、まったく異なる元素となります。このとき、ある値を超えると、さらに大きな元素を生み出します。このときに産まれた元素が銅や亜鉛、そして金なのです。金は多くの重金属と同じく、恒星の核融合の過程で徐々に軽い元素から重い元素が作られていく過程で生まれたとされています。それが新星爆発などで宇宙に飛散し、生み出された金その他の金属を含んだ隕石が、地球に降り注いだとされています。地球はまだ熱く、溶けた鉄は金や白金と共に地球の核の中に融合したと考えられています。金は地球が生まれる前や生まれて間もない頃にもたらされた貴重な金属と言えます。
金色は金独自の色合いです。同じような輝きを持つ貴金属は他にありません。光は赤・青・緑の3原色を持っていますが、金は青色だけを吸収し、赤と緑を反射します。その反射された光が私たちの目に映る黄金色です。金が独自の輝きを放つ理由はこんな光との関係です。金は昔、日本は世界有数の産出国であり、保有高も世界の中でも群を抜いていたようです。13世紀の東方見聞録によると“黄金の国ジパング”と呼ばれていた時代がありました。「この国ではいたる所で黄金が見つかるため、国人は誰でも莫大な黄金を所有している」、「宮殿は、それこそ純金ずくめでできている」、「この国の宮殿の屋根はすべて黄金でできている」、「床には分厚い黄金が敷かれている」、「黒胡椒も白胡椒もきわめて豊富である」など驚くべき事柄が書かれてヨーロッパには伝われていました。12世紀初頭に奥州藤原氏が奥州平泉に建立した、中尊寺金色堂が話の元となったようです。世界中が日本を目指し中世の大航海が始まりました。

1位.アメリカ 8133.5トン
2位.ドイツ  3369.7
3位.イタリア  2451.8
4位.フランス  2436
5位.ロシア    2150.5
6位.中国      1874.3
7位.スイス    1040
8位.日本      765.2
9位.オランダ  612.5
10位.インド   608.7
ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)2019年4月初め現在資料

現在、金の保有高は日本は世界の8位です。日本は中国の半分以下の保有高です。