印台製作どんなことでもご相談に応じます。

 

鍛造手造り・ハンドメイド

鍛造でハンドメイドで作る事が出来る職人は日本では数人しかいません。そのうちの一つに入っている会社です。
印台は指輪の最高峰であり製造には高い究極の技術が必要です。昔は鍛造で指輪を作る職人は何人もいましたが、その中でも印台を作る事が出来る職人は最高の技能を持っていると一段格上の存在でした。現在出回っている印台はほとんどがキャスト製法で型への流し込みで作っているものです。現在のキャスト製法は技術が進んでいますが、特に印台においては仕上がりがダレてしまい厚いのでスが入ってしまいます。スとは地金の中に空気が入ってしまい気泡などがある事です。しかし鍛造という刀を作るように火に入れてハンマーで叩いては締め、火に入れて叩いては締めを繰り返す製法は密度が高まり、ハンマーで叩き出すため気泡が押し出されでしまい、硬く締まった地金になり、ダレてなくシャープなピシッとした印台に仕上がるのです。印台はいかにシャープに硬くカッコよく作れるかが命です。当社は100gや150g(40匁)さえも注文に応じて製造しています。おそらく鍛造でハンドメイドでこの大きさを製造出来るところはそうは無いと思います。又、印台のお好きな方は裏抜きや腕下の腹の厚みが薄いのは嫌います。キャスト製法では指のサイズは考えなく作り後からサイズ調整するので、どうしても腕が薄くなってしまいます。私どもは鍛造ハンドメイドなので最初から厚めに作る事が出来ます。


印台の命は印面がいかにシャープてピシッとしているかです。

キャスト製法は型で出来たものを磨いて仕上げるので印面のダレが気になります。鍛造製法はハンマーで叩き出して地金を締め硬くしてからヤスリで形を出していくので角をピシッと出すことが出来きます。また、印面を曲がりなく、いかに平らに出来るのも高い経験を積んだ職人技が必要です。印面に名前や梵字など入れたり、ダイヤなど止めたりする事も出来ます。また、印台の腕の肩に彫金が出来るのはほとんど無く当社の得意とするところです。肩に唐草模様や桜や龍など彫金は印台をよりいっそうの華やかさを出し、グレードアップします。印台への難しい彫金は印台を知り尽くした熟練した彫金師の技術が必要です。地金も多種で純金、18金、純プラチナ、Pt900、純銀などて制作しています。印台は指輪の中の王様です。これほど完璧て究極のバランスがとれた指輪は他にはありません。ピシッとした印台をさりげなくするのが一層カッコよさを出します。印台作りおまかせ頂きたいと思っております。

  

 

 

Follow me!