純金 平打7mm幅リング 8g

指輪のデザインは何十種類とありますが洋服と同じでシンプルな形が一番長く身の回りを飾ってくれます。
鍛造リングはその一番の形ではないでしょうか。シンプルな形状でも幅を変えるだけで着け心地が違ってきます。
平打7mmはシンプルだけれども存在感があるリングです。
j11150

純金は非常に柔らかくジュエリーには加工性も難しく、日常使いにおける耐久性も難しいとされています。鍛造という技法(金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高める)古くから刀工が日本刀など刃物や火縄銃の銃身の製造技法として用いています。この技法で作られた平打7mm24金リングです。職人の手作業で鍛造仕上の指輪は、裏ぬきのない滑らかな手に馴染む装着感があります。
1395645978-21395645978-3

サイズの方は鍛造リングは裏抜きのないしっかりとしたリングになりますので、通常サイズの1番手から2番手上にしてとお勧めしています。先日、K24平打7mm 彫金リングをご購入されたお客様自身が通常サイズより幅があるので1番上のサイズをと言われお選びになりましたがちょっと圧迫感があるともう一番、サイズを上げ、通常サイズより2番手上のサイズで製作しました。通常より2番手上のサイズでぴったりとのお言葉頂きました。

リングサイズ不安な方、わからない方、専門の担当がおりますのでお問い合わせ頂ければ即答致します。
又、リングゲージの方も無料にて貸出していますのでお問い合わせください。
お問い合わせこちら