鍛造製法は地金を溶解するところから手作業。
リング完成まですべて熟練職人の手で製作します。
その為、地金に密度、硬度が加えられたリングに
仕上がります。
チョコ皿という素焼きの皿を使い溶解。地金が丸くなり【吹玉】と呼んでいます。
ここからが【鍛造】と呼ばれる製法となります。吹玉をハンマーで叩き地金をしめます。
ここが大変重要で刀を打つように叩いてしめ、叩いてしめと火入れを繰り返します。
密度が増し硬くなります。職人の腕と経験が重要視されるところです。



何度も叩いて地金をしめ、火入れを繰り返し続けます。

リング表面 ヘラがけ。
ヤスリを何度もかけて形状、重さを合わせます。

仕上げはバフがけ。手作業でリング完成。