彫金について

金属彫刻は飛鳥時代の寺院建立に基盤を得て我が国国有の技法を生み出し、修練を重ね象嵌、
肉彫り、片切り彫り、毛彫り等、多彩な技法を用い、今日彫金という工芸美術が出来ました。

タガネという彫刻刀を使い小さなカナづち打ちで手前に引きながら彫りだします。筆で書いたようなタッチや細かい線等はタガネを支える指の感覚で彫ります。 何本も鏨(たがね)を使い分け彫金していきます。

指輪等彫金には大きく分けて和彫りと洋彫りがあります。

和彫りとは菊、梅、松、鶴、亀等々絵柄を彫ります。

花柄等を象形化し連続模様を彫ります。