純金素材を重量そのまま形状変え印台製作。

鍛造リングは地金から製作致しますので形状を選ぶことができます。
印台と言えばは三味(しゃみ)型が一般的ですが、印台の形状は三味型・横三味型・横長角型・ 正角 型・丸型・ 縦小判型・横小判型を製作。

3匁(11.25g)小ぶりの印台。あまり大きな印台リングを好まない方。
4匁(15g)一般的な最も定番とされる大きさ。
5匁(18.75g)一般的な印台の大きさ(4匁印台)にややボリューム感を持たせた感じの大きさ。
6匁(22.50g)大きさ、重量感のある印台。
7匁(26.25g)重量感のある大きさ。
8匁(30g)重量感と大きさを求める方。体格の大きい方に人気のある大きさ。
9匁(33.75g)大きさ、重量感、たっぷりな印台。
10匁(37.5g)とにかく大きさと重量感を求める方に最適。又は体格の大きい方。
45g・50g・55g・75g・100g特注の中の逸品!おまかせください。

純金素材の他、純プラチナ(Pt999)、K18,プラチナ900(Pt900)、純銀(SV999)でも製作可能です。
形状、重量をご自身に合わせたリングのご提案が出来ます。

純金は非常に柔らかくジュエリーには加工性も難しく、日常使いにおける耐久性も難しいとされています。鍛造という技法(金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の空隙をつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高める)古くから刀工が日本刀など刃物や火縄銃の銃身の製造技法として用いています。

Follow me!